交通事故の処理を示談でする場合

交通事故にあうことというのは、本当にまれであって、滅多に起こることではないというのが現状だと思われます。それでも、時に大事故の現場などを、テレビのニュースなどで大きく取り上げると、とても、怖くなってしまい、神経質になります。心配性の人にとって見れば、心臓にも良くない話題です。もし、交通事故にあったと場合には、まず、110番通報をして、見分をしてもらうようです。お互いに、車同士とか、人的に被害が大きくない場合には、事を大きくしないで、示談ということもあるようです。一番もめごとも少なく、なるべく穏便に済ませることが出来る手段ではないかと思われます。ただ、損傷などの大小によって違ってくると思われます。お互いに数万円ほどで済むようであれば、もちろん示談も望ましいのですが、大きくなりますと、やはり、保険のお世話にならざるを得ないのではないかと考えます。

交通事故のを示談で収める

交通事故を起こした際は、まずはすぐに警察に来てもらいましょう。身内のしっかりした熟年の方に来てもらう様にして、それまではなるべく余計な発言は控えた方が良いでしょう。なるべく示談に持って行く事が出来ればお互い良いでしょうが、相手が悪ければこれ見よがしにたかられたり、ゆすられたりと最悪のケースも予想されます。必ず自分一人では物事を進めない様にしないといけません。とはいえ私も若い頃、相手の不注意もあった様に感じるのですが、嫌な男に半分強引に濡れ衣を着せられました。追いかけてきて文句を言われ、修理代を請求されました。その時は、まだ学生で、親に知られることが怖くて、頼る事が出来ず、自分で話を付け、その場で修理に向かいました。幸い擦った位だったので、大した金額ではありませんでしたが、狡賢いおじさんだったので、色々な諸経費を上乗せしようとしてきました。修理してくれた方が良い人だったので、上手くカバーしてくれたので請求されませんでした。とても怖い体験をしました。

交通事故の際の示談とは

日々生活している中にはトラブルはたくさん潜んでいます。しかし、誰もが自分の身に降りかかることがあるとは考えてもいません。一番身近とも言えるトラブルが交通事故です。自分が被害者となることも勿論ありますが、予期せぬキッカケから加害者となってしまうこともあります。交通事故で相手がある場合にどうしても問題となるのが慰謝料など金銭的なことではないでしょうか。双方の話し合いで解決できる場合には良いですが、どちらも少しでも自分が悪くならないようにしたいという考えがある場合には話し合いでは解決できないこともあります。そういった際には弁護士などプロを交えて解決まで導いてもらうのが一番です。弁護士を交えたことによって、示談が成立したという事は多く、そうすることにより後々トラブルになる可能性もないのでプロを交えることは大事です。

相談は平日9時から20時まで承ります。土日祝日も18時まで受付けます。 交通事故分野に特化した法律事務所で、示談交渉や賠償交渉など専門の弁護士がわかりやすく丁寧にご説明いたします。 当社では、他の分野についてはほとんど扱わず、交通事故を専門にやっておりますので知識と経験が他事務所とは違います。 保険会社は提示額を低く見積もっている場合が多い為、解決時の賠償金が増加することがあります。 交通事故を示談で解決!中村・橋本法律事務所へ安心してお任せください。